米倉涼子が『かげろう絵図』に主演!気になるあらすじとロケ地は?

この記事は3分で読めます

4月8日(金)に
いよいよ放送となる金曜プレミアム
松本清張スペシャル『かげろう絵図』

今回はあらすじ

ロケ地について調べてみました

スポンサードリンク


江戸時代後期、
世間を騒がせた一大ゴシップ
“感応寺事件”をもとにした歴史サスペンスで
稀代の好色将軍だった
大御所・徳川家斉の晩年や
お世継ぎを巡る抗争など
策略に満ちたドロドロの醜聞絵巻を
展開するという作品なのですが
1959年には市川雷蔵主演で映画化
その後2回テレビドラマ化されているほど
大奥を描いた多数の作品のなかでも
推理小説の巨匠でもある
松本清張が描いた大奥は
傑作娯楽小説といわれるほどの作品です

yone1
私がとても楽しみにしているのが

殺された父の敵でもある
現政権の悪事と裏事情を探るため、
スパイとなって
大奥に奥女中として入り込む
主人公・縫(ぬい)を演じる米倉涼子さん

yonekura

いつの間にか松本清張作品には
米倉さん!というふうに
なくてはならない女優さんになりましたね
「落ち着きがないので
時代劇は似合わないと思っていた」
という米倉さんですが

とんでもないです!

時代劇もあなたはかっこいい!
とっても似合ってますよ

そしてほかに

縫がひそかに恋心を寄せる
従兄弟で、闇医者をやっている
島田新之助役に山本耕史さん

新之助が身を寄せる
三味線と富本節の師匠で、
江戸城の陰謀の裏で謎めいた死を遂げた
妹の真相を探ろうとする
豊春(とよはる)役に夏川結衣さん

縫と新之助それぞれの父を
おとしめた張本人で
最大の寵愛を受けた

側室・お美代(おみよ)の養父でもある

中野石翁(なかの・せきおう)役に國村隼さん。

 

縫と新之助の後見人で、
切れ者の寺社奉行
脇坂安薫(わきさか・やすただ)役に竹中直人さん。

 

在位50年、50人以上側室を持ち、
50人以上の子をもうけ、
将軍職を退いてもなお
実権を握り続ける徳川家斉役に津川雅彦さん。

 

家斉の正室でありながら
一度も愛された事のない
寔子(ただこ)役に白石加代子さん。

 

大奥の中枢を仕切る上臈(じょうろう)の
佐島(さじま)役に高畑淳子さん。

 

中野石翁の腹心、
水野美濃守(みずのみののかみ)に
木下ほうかさん。

 

ほかに

木村祐一さん
宇梶剛士さんなど・・・
大変豪華なキャスト陣で

見ごたえありますね

スポンサードリンク

 

気になるロケ地も調べてみました
ドラマ「かげろう絵図」では
権力者が目隠しをして
女中に囲まれて楽しむ
花見の会があるのですが
1959年
撮影された映画「かげろう絵図」で
使われたのが勧修寺ということで

今回も勧修寺が
ロケ地に使われたのでしょうか。

勧修寺
名称:
勧修寺(かんしゅうじ)

住所:
京都府京都市山科区勧修寺仁王堂町27?6

アクセス:
地下鉄東西線 小野駅下車 徒歩6分

 

 

ドラマ「かげろう絵図」では
大奥が暗躍する江戸城が登場します。

江戸城のロケ地としては
兵庫県の姫路城が
本命視されていますが・・・

姫路城

名称:
姫路城

住所:
兵庫県姫路市本町68

アクセス:
JR姫路駅下車 徒歩20分

京都では大変多くの時代劇が
撮影されています。

その中で時代劇の聖地と呼ばれているのが
大覚寺(だいかくじ)です。

大覚寺

「暴れん坊将軍」
「鬼平犯科帳」
「剣客商売」など数え切れないほどの
ドラマのロケ地となっていますので
ドラマ「かげろう絵図」でも
使われているかもしれませんね

名称:
大覚寺(だいがくじ)

住所:
京都府京都市右京区嵯峨大沢町4

アクセス:
JR山陰本線 嵯峨嵐山駅下車 徒歩17分

 

時代劇や京都を舞台とした
サスペンスドラマで
頻繁に使われるのが
保津川の「保津峡」(ほづきょう)です。
保津川下りやトロッコ鉄道が有名ですね

 

保津峡

 

名称:
保津峡(ほづきょう)

住所:
京都府京都市右京区嵯峨大沢町4

アクセス:
嵯峨野観光線トロッコ鉄道やJR嵯峨線で

嵐山駅から亀岡駅までの間

 

フジテレビ系

金曜プレミアム 松本清張スペシャル

『かげろう絵図』

4月8日(金)21:00~23:22

 

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて

気になる出来事や、興味のあること 知りたいことアレコレ・・・ 好奇心旺盛な大阪のおばちゃん「みんみ」が 思いつくまま書いてます。 どうぞよろしく!!