林家木りんはイケメン落語家!父親譲りの性格と今後の野望とは?

この記事は2分で読めます

世は空前の落語ブーム。
それを支えているのは女性であり、
彼女達が熱い視線を送るのは
「イケメン落語家」たち

スポンサードリンク

イケメン落語家がきっかけで
落語にハマる女性が急増中らしいのです
寄席以外にも居酒屋やカフェ

都電など様々な場所で
落語会が行われるようになっているそうで

気軽に落語に触れることができますね

 

そのイケメン落語家の中でも
190センチの長身を持つ
さわやかイケメン噺家として、
今注目を集めている
林家 木りんさんについて
調べてみました

3キリン

 

林家 木りん(はやしや きりん)
本名:佐藤 嘉由生(さとう よしゆき)
1989年2月10日 生まれ
落語家
東京都出身
慶應義塾大学通信教育学部在学中。
中学時代は父親の影響で
相撲に取り組んでいたらしいです

2年生の時には

当時序二段だった現役力士に勝利することもあったり
本気で力士になろうと考えていたそうです

 

4キリン

それもそのはず
林家木りんさんのお父さんは
大相撲の元大関、清国関です

父・清國勝雄の背中を見て育った彼は
力士になるという考えを持っていたのですね

 

また、お父さんもゆくゆくは

息子が相撲界に入ることを

心のどこかで望んでいたのかな

いやいや、辛さも知ってるだけに

あまり勧めたくなかったかも

 

しかし高校に進学すると
芸能界に気持ちが傾き
大手芸能事務所にモデルとして登録

スポンサードリンク

林家木久扇の「学校寄席」を
聞いたことがきっかけで
落語に熱中したそうです

そして数年後、両親と行ったあるパーティーで、
父と木久扇が知り合いだったことが判明し
これが決め手となって入門を決めたのです。

 

林家 木りんさんの性格は?

親交のある笑福亭鶴瓶が出演する
テレビ東京系「きらきらアフロ」を見学に行った際に
突然カメラの前に引っ張り出され、
どうしていいか分からなくなったところで
鶴瓶がフォローしてくれたことがある。
本人はそれが悔しくてならず、
それ以来、落語やフリートークの力を向上させようと
自分自身を鍛えることに努力したという

このことからもわかるように
爽やかな風貌とは違い
根性のある
なかなかの負けず嫌いな性格ですね

 

相撲界で活躍された父
元大関清国関ゆずりなんでしょうか

 

2キリン
実家は相撲茶屋
1日1組様限定という贅沢な
「相撲茶屋 清國」
七代目伊勢ヶ濱おかみさん
つまり林家木りんさんのお母さんが
接客を務めています
和服の似合うとてもきれいなお母さんですね

キリン
お父さんの強さとお母さんの美しさを受け継いだ
イケメン落語家林家 木りんさんは
落語界の横綱を目指すとのこと。
今後は 落語はもちろん、
役者、バラエティーにモデルなど、
幅広く色々なことに
チャレンジしていきたいと

野望は果てしなく・・・

 

そんな林家木りんさんが
L4YOU!『春にオススメ!ぽかぽか日帰り健康温泉』

2016年3月31日(木) 
16時00分~16時52分
にゲスト出演します

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて

気になる出来事や、興味のあること 知りたいことアレコレ・・・ 好奇心旺盛な大阪のおばちゃん「みんみ」が 思いつくまま書いてます。 どうぞよろしく!!