小松成美「それってキセキ 」旦那の仕事は?絶賛の声がとまらない!

この記事は2分で読めます

ノンフィクション作家として活躍する
小松成美さんの著書である
『それってキセキ ~GReeeeNの物語~』

本を読む手が止まらない
今世紀最大におすすめの本
と絶賛の声があふれている

スポンサードリンク


「知りたいと思い尽くす」

幼い頃から本が大好きで、
空想好き・・・小松さんはそんな女の子でした
滑り止めで受かった大学には行かず、
グラフィックデザイナーの
石岡瑛子さんに憧れて広告業界に進みましたが
当時はまだ男女雇用機会均等法がなく
女性は23歳で寿退社を勧められ

それが嫌でTBSの契約社員として2年半勤務後

病気のため退職後大好きなことで働きたいと受けた
スポーツ雑誌『Number』の編集部の面接で
当時編集長だった設楽敦生さんが
「プロアスリートでもスポーツ記者でもない小松さんは、
小松さんでしか書けない原稿を綴ればいい。
ありのままに見たアスリートを書いたらどうか」と勧められ、
スポーツノンフィクション作家に。

 

病気になったことがきっかけで
本当にやりたい仕事にたどり着いたそうです
頑張った人にだけ神様はGIFTをくれる

苦しい時代を乗り越え
毎日、今が一番楽しいと小松さんは言います

 

小松成美

スポンサードリンク

 

小松成美(こまつ・なるみ)
ノンフィクション作家。神奈川県生まれ。
主題はスポーツ、映画、音楽、芸術、旅、歴史など多岐にわたる。
情熱的な取材と手堅い筆致、
磨き抜かれた文章にファンも多い。
スポーツアスリートへの真摯な取材には定評があり、
スポーツノンフィクションに新境地を開いた
また歌舞伎をはじめとした古典芸能や西洋美術、
歴史などにも造詣が深く、関連の執筆も多い。
主な著書として『中田英寿 鼓動』
『アストリット・キルヘア ビートルズが愛した女』
『さらば勘九郎 十八代目中村勘三郎襲名』
『YOSHIKI/佳樹』
『全身女優~私たちの森光子~』
『五郎丸日記』など。

夫はルーマニア出身の東映アニメーションプロデューサー、ギャルマト・ボグダン

 

そんな彼女が4年の歳月をかけて
4人のメンバー全員が歯科医師の免許を持っている
謎多きボーカルグループ「GReeeeN」に密着した書籍
『それってキセキ ~GReeeeNの物語~』
2016年3月11日(金)に発売されました。

「人生で初めて小説を読みたいと思った」という声や、
すでに同書を読んだ人からは
「本を読む手が止まらない」
「もう満足しかない! 是非ほかの人にも読んで欲しい!」と
感動の声が上がっているとか

歯科医として活動しながらも

コンスタントに活動を続けるGReeeeN

なんだか興味がわいてきますね

ミリオンセラー・アーティストまで上り詰めた

GReeeeNの“奇跡”と“軌跡”の
物語が明らかになる同書は、
3月11日(金)の発売から3日で
重版がかかるほど注目を集めているそうです
『それってキセキ ~GReeeeNの物語~』
 著:小松成美
 価格:1,850円(+税)
 発売日:2016年3月11日(金)
 仕様:四六判・528ページ
発行:KADOKAWA

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて

気になる出来事や、興味のあること 知りたいことアレコレ・・・ 好奇心旺盛な大阪のおばちゃん「みんみ」が 思いつくまま書いてます。 どうぞよろしく!!