伊藤詩織!ハニートラップ?デートレイプ・ドラッグとは?

この記事は2分で読めます

フリージャーナリスト山口敬之氏(51)に
酒を飲まされレイプされたとして、
警察に準強姦(ごうかん)容疑で
被害届を出していた詩織さん(28)が

スポンサードリンク


29日、東京地検の不起訴処分を不服として
検察審査会に審査を申し立てました

 

山口敬之氏は
「安倍総理に最も食い込む男」 と言われ、
ワイドショーやニュース番組に
度々登場するジャーナリストです。

今回、
一旦 逮捕状が発行されたものの逮捕が執行されず 、
書類送検されたのですが、
嫌疑不十分として 不起訴 となったとされています

これにたいして納得がいかない詩織さんは
検察審査会に不服申立をしたと発表。
そして 名前も顔も公表 して記者会見を行うという、
暴行事件としては異例の流れになっています。
詩織さんは
2015年3月、当時TBSワシントン支局長だった
山口氏に就職相談をしたところ、
食事に誘われたそうです

以下それからの流れです
▼15年4月3日 山口氏と面会する。

▼同午後8時過ぎ 串焼き店に入店。

▼同午後9時40分ごろ すし店に入店。

▼4月4日午前5時ごろ 痛みで目覚め、
レイプされていることに気づく。
記憶はすし店の途中から欠落。

▼4月9日 警視庁原宿署に相談。
2日後高輪署捜査員と面会。

▼4月15日 捜査員とシェラトン都ホテルで
防犯カメラの映像を一緒に見る。

▼4月30日 高輪署で告訴状受理。

▼6月初め 証拠がそろい、逮捕状が発行される。

▼6月4日 山口氏が日本に帰国するタイミングで
成田空港で逮捕するという連絡が入り、
ドイツからの帰国を要請される。

▼6月8日 捜査員から、
「空港までは行ったが上からの指示で逮捕できなかった」と連絡が入る。

▼8月26日 書類送検。

▼10月 詩織さんが担当検事と面会。

▼16年1月 山口氏が担当検事と面会。

▼6月 詩織さんが担当検事と2度目の面会。

▼7月22日 不起訴処分。
世間の注目を集めているのは、
被害者が 匿名ではなく
表に立って争う姿勢を見せている ということ

一旦 逮捕状が交付されたのに
なぜ逮捕が執行されなかったのでしょうか
この辺が気になりますね

 

一説には「上層部からの指示」があったとも言われており、
安倍総理 と山口氏が
ゴルフも共にする昵懇の仲であることが
何らかの関係があるのではないか
まことしやかに囁かれています。

スポンサードリンク

 

この「上層部からの指示」・・・って
なんだかテレビの「小さな巨人」みたいですね

 

山口敬之(やまぐち のりゆき)

1966年5月4日 東京都生まれ

筑波大学附属中
筑波大学附属高
慶應義塾大学経済学部
1990年、TBS に入社

ロンドン支局勤務、
国内各部署勤務を経て、
2013年から ワシントン支局長 に。

帰国後2016年にTBSを退社。
現在はアメリカ系シンクタンク研究員を務めながら、
フリージャーナリストとして活動中です。
伊藤詩織(いとうしおり)

28歳

ジャーナリスト、写真家、ドキュメンタリー映像作家
詩織さんが顔出しで記者会見をされたこと
とても勇気が言ったことでしょう

ハニートラップだとかネットでも言われているようですが
なんだか悲しくなってきます

詩織さんの勇気ある行動を
私は応援したい!

一刻も早く事件の真相が明らかになることを願います。

デートレイプ・ドラッグとは?

リキッド・エクスタシーと呼ばれる幻覚剤。
粉状だったり、錠剤になっていたりもするが、
液状の場合は無色透明なため
飲み物に混ぜられたらわからない。

ロヒプノールという向精神薬薬物もよく用いられている。
向精神薬として日本でも処方されており
強い酩酊作用がある。20~30分後には効き始め、
その効果は数時間続くと言われている。
これらはドリンクに簡単に混ぜられ、
隙さえあれば飲まされてしまう。
アルコールで酔っていればなおさらとのこと

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて

気になる出来事や、興味のあること 知りたいことアレコレ・・・ 好奇心旺盛な大阪のおばちゃん「みんみ」が 思いつくまま書いてます。 どうぞよろしく!!