クリスティエリー・カリデさんミス・ユニバースタイトル剥奪!なぜ?

この記事は1分で読めます

プエルトリコで昨年11月、

ミス・ユニバースの代表に選ばれた女性が、

タイトルを剥奪(はくだつ)されました。
ミス・ユニバースのタイトルを剥奪されるなんて
いったいどんなことがあったのでしょうか

 

スポンサードリンク

 

プエルトリコ大会の責任者は、
今年の代表だったクリスティエレー・カリデさんが
「不適格」だったと述べています

ではタイトル剥奪の理由ですが・・・

クリスティエリー・カリデ

ミス・ユニバースの
プエルトリコ代表として選ばれたのが
こちらの女性、Kristhielee Caride
(クリスティエリー・カリデ)さん。

4か月前にプエルトリコ代表として選ばれ、
以降次々とカメラの前で

インタビューを受ける機会があったカリデさんは、
つい本音をポロリ言ってしまったのです
「本当はカメラはちょっと苦手なの」
つまり この「写真が苦手」発言が

タイトルを失う原因だったわけなんです
それぐらいいいやん

スポンサードリンク

なんであかんの?

誰でもカメラ向けられるのって
慣れてない間は苦手ちゃうの
って思うんだけど・・・
国の代表に選ばれた女性が、
そんなことを言うなんて言語道断だと
事務局長の怒りを買うはめになったのです
きびしいねー
本音も言えないのね

まあ言ってはいけない本音もあるけど

これぐらいいいじゃないのって思ってしまうのは
私だけでしょうか・・・

 

せっかく射止めた
ミス・ユニバースのプエルトリコ代表の座ですが
次点のブレンダ・ヒメネス(Brenda Jiménez)さんを
今年の代表に繰り上げることとなったそうです

 

厳しいとは思いますが
国の代表になったからには
その立ち振る舞いにも

気を付けないといけないってことなんですね

 

他のタイトルはく奪の一例です

2010年フィリピン代表
出生証明書に虚偽記載があったことが
タイトル取り消しの理由

2002年ロシア代表
義務付けられている行事に欠席を続けたため、
主催者側がタイトルをたったの1カ月で剥奪

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて

気になる出来事や、興味のあること 知りたいことアレコレ・・・ 好奇心旺盛な大阪のおばちゃん「みんみ」が 思いつくまま書いてます。 どうぞよろしく!!