湯殿山龍泉寺の大人の豆まきがゴージャスすぎる!アクセスや開催時間は?

この記事は2分で読めます

2月3日は節分ですね!

「鬼は~外!福は~内!」という掛け声で
「豆まき」をしますが
どうして豆をまくのでしょうか

 

スポンサードリンク

 

 

豆まきの由来

昔の日本では、季節の変わり目には鬼がやってきて、
災害や病気、飢饉などの恐ろしい出来事を
引き起こすと考えられていました。
その鬼を追い払うため、
家の外に豆をまくという行事の名残が、
現在の豆まきなのです。

では、どうして豆を使うのでしょうか?
実は、大豆には精霊が宿(やど)るとされており、
昔から神事に用いられてきました。
また、豆は「魔滅(まめ)」に通じ、
悪いもの(=魔)を滅するという意味があります。
昔、京都に鬼が出たときに、
神様のお告げによって大豆を鬼の目に投げつけたところ、
鬼を退治できたという伝説が残っており、
「魔の目(魔目=まめ)」に豆を投げつけて、
「魔を滅する」という由来があるそうです

そして豆まきが終わったら、
自分の数え年の数だけ豆を食べて、
1年の厄除(やくよ)けや健康を願います。
豆を食べてしまうことで、
鬼を退治したということになるわけです

 

 

ところがですね・・・
湯殿山龍泉寺(能代市)で
2月3日に豆と一緒に、
なんと金やプラチナなどをまく
「大人の豆まき」が行われるんですって

ゴ~ジャス!

スポンサードリンク

昨年、「無病息災」を願う白い豆に
「厄よけ招福」を願い
赤い豆を交ぜてまくことを決めたところ、
これを知った信者の一人が
「開運成就を意味する金色もあればいいのでは」と
同寺院に「金」を寄進したことから
「金」を入れた紙袋をまいたところ

行事に参加した別の信者から、
「苦難を乗り越えたり、
自身の壁を壊したりする意味を持つ
『プラチナ』もあればいいのでは」と、
プラチナの寄進を受けたことから、

今年は、金やプラチナ、本水晶、紫水晶、
菩提(ぼだい)樹のブレスレットなどを入れた紙袋を
20個ほど用意したそうです

 

 

現住職・木村祥泉さんは
「金やプラチナ、水晶などは、
貴金属や宝石としてではなく、
縁起物として取り入れたもの。
季節を分ける立春の前日が節分。
冬が厳しい秋田では、やがて訪れる春への感謝も大きい。
私たちの心を豊かにしてくれる大切な教えに触れる日として、
どなたでも気軽に参拝いただければ」と話す。

 

アクセスと開催時間
名称:湯殿山龍泉寺
住所:秋田県能代市清助町7-23
TEL:0185-52-2056

最寄駅

能代駅/東能代駅

 

タクシー

能代駅から5分/東能代駅から20分

能代南ICより10分
バス

能代駅から市内巡回バス
バス停「清助町第3」で下車徒歩1分
開催時間は18時~です
こんなゴージャスな

「大人の豆まき」

ぜひ参加してみたいものです

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて

気になる出来事や、興味のあること 知りたいことアレコレ・・・ 好奇心旺盛な大阪のおばちゃん「みんみ」が 思いつくまま書いてます。 どうぞよろしく!!