稀勢の里が初優勝で横綱に!嫁は?彼女は?スー女が狙う「キセノン」!

この記事は2分で読めます

キセノン(稀勢の里)の初優勝で
なんと19年ぶりの日本人横綱が誕生だそうです
う~ん長かったね~
そしておめでとうございます!

 

スポンサードリンク

 

東大関・稀勢の里(30)=田子ノ浦=が
悲願の初賜杯を手にした。
1敗で単独トップの稀勢の里は、
西前頭13枚目・逸ノ城(23)=湊=と対戦。
微妙な立ち合いだったが、
落ち着いて寄り切って1敗を守った。

星1つ差で追っていた
東横綱・白鵬(31)=宮城野=は、結びの一番で
東前頭10枚目・貴ノ岩(26)=貴乃花=と初顔合わせ。
寄り切りで不覚の黒星を喫した。
千秋楽を残して2差に広がり
稀勢の里の優勝が決まった。

 

稀勢の里は独身!

kisenosato
お相撲さんって年齢があまりわからないのですが
稀勢の里関って30歳だったんですね
もう少し上かなと思っていました

でも笑うとかわいい~
それにまだ独身なんですってよ
これは狙い目じゃないですか~
スー女の皆さん!
・・・ってすでにスー女の方のほうが
情報通ですからご存知ですね・・・

最近は大相撲人気が盛り返しているようで、
去年あたりから「スー女」といういわゆる
「相撲好きな女性(=相撲女子)」を表す言葉も出てくるほどです。

去年は年6場所全90日中、
なんと88日間が満員大入りとなり、
今年の初場所も20年ぶりに
番付発表前から前売り券が完売するほどで、
90年代の若貴フィーバーに迫る勢いなのです。

 

がんばれ!スー女!

スポンサードリンク

680x451xgirls-407685_1280-680x451_jpg_pagespeed_ic_hnhFCHRXJT

稀勢の里関はすでに年寄株の荒磯を取得していて
いずれは部屋持ちの親方になるのかも知れません。

スー女のみなさんの中には
相撲部屋の女将さんになりたい人もいるようですからね
ただ、稀勢の里関は、角界一稽古のキツイ
先代鳴門親方のもとで育ちました。
師匠譲りの猛稽古をする親方になる可能性があります。
稀勢の里夫人を目指す方は、
弟子衆のフォローが出来る人じゃないと
つとまらないかも・・・

 

t02200162_0448033011777725487
稀勢の里の母・荻原裕美子さんが、
嫁取り、結婚について報道陣の取材に対して
「まだじゃないでしょうか。自分の立場を考えて、
ここというところでしたらいいと思います」
と思いを語っておられます

親御さんとしては勝負の世界に身を置く
息子のことがさぞ心配でしょうね
早くいい人を見つけて
幸せな家庭を持って欲しいと願っていることでしょう

稀勢の里関は現在交際している彼女もいないようです
(2017年1月20日現在)

2016年7月3日に節目の30歳の誕生日を迎えた時に、
報道陣から誕生日ケーキをプレゼントされ、
その時も綱取りならぬ嫁取りについて
「まだまだ。当分ないよ」と笑い飛ばしたそうです(笑)。

別のインタビューでも「(彼女は)いないです」
「(結婚は)まだ考えていないです」と、
横綱になるまでは相撲に集中したいような発言をしています。

 

その横綱という夢もかない
いよいよ嫁取り!
雰囲気的にはモテそうなので
言い寄ってくる人も多かったりして。。。ね

でも今までは綱取りが第一だったのでしょう
これからは素敵な嫁を迎えて
ますます活躍をしてほしいものです

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて

気になる出来事や、興味のあること 知りたいことアレコレ・・・ 好奇心旺盛な大阪のおばちゃん「みんみ」が 思いつくまま書いてます。 どうぞよろしく!!