大口病院!ツイッターで告発したのは誰?病院との関係を暴露!

この記事は1分で読めます

神奈川県横浜市の大口病院で起きた
点滴異物混入事件ですが
内部の人間の犯行が濃厚となってきたようですね

スポンサードリンク

 

大口病院4階で起きている不可解な出来事の数々が、
看護師いじめが原因としてあるのではないかという
内通者の情報も出てきているらしいです

神奈川県警も犯人逮捕に向けて
ある程度の目星がついているのかもしれません

qljiymf6y212bhrttfbtd1lxvenguzjcckfcati2tuz1u3rrc2lzs05wuzhpyxz1cwtpwnnrcdvwcfv0cxvwd1c5yngzlznmytzamlbpetzmodjmstjnulrxyxbsv1o5ynzzaehxctyrt2nvnefqsji3m1qvaxzuzzfprepytepik2g0sux
事件を告発したのはなぜ?

スポンサードリンク

神奈川県横浜市神奈川区大口通130にある
大口病院、4階病棟にて
漂白剤らしき物が混入される事件発生、
看護師スタッフが漂白剤らしき物を混入された飲み物を飲んで
唇がただれなどの被害を受けました(改行など原文を編集部で一部修正)

上記のような書き込みがあったのは、8月12日19時。
殺人事件が明るみに出た9月23日の1カ月以上も前である。
ローマ字のハンドルネームの投稿者はさらに続けて、

なお、同病院、同病棟では今年、
看護師スタッフのエプロン切り裂き事件、
カルテ紛失事件が発生しております

ともつぶやき、病院内でトラブルが頻発していたことも明かしています。

大口病院で相次いだ不審なトラブルと
点滴に異物(界面活性剤)が混入
そしてメールとツイッターで告発した人物と、
謎の多いこの事件。

 

点滴に異物を混入させた犯人は一体誰なのか?

 

ツイッターで告発した人物とはどんな関係?

ツイッターではFUSHICHOUという名前で
自身のことをプロ介護福祉と名乗っています

FUSHICHOUさんは

大口病院で働く看護師の夫だそうです
自分の妻が病院でいじめを受けていて
横浜市に訴えたのだとか

そのいじめとは妻の筆箱に
注射針がたくさん刺さっていたというもの

このFUSHICHOUと名乗る人物が

事件のカギを握っているようにおもえるんですが・・・

 

いずれにしても関係のない入院患者を狙った卑怯な行動は
許されるものではありません

一日も早く事件を解明し
犯人が逮捕されることを願っています

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて

気になる出来事や、興味のあること 知りたいことアレコレ・・・ 好奇心旺盛な大阪のおばちゃん「みんみ」が 思いつくまま書いてます。 どうぞよろしく!!