大島光義は93歳の弓の名手!関ヶ原の合戦にアラハン武将が実在?

この記事は2分で読めます

大河ドラマ「真田丸」が
いよいよ天下分け目の関ヶ原の合戦を迎え、
その緊張感も最高潮ですね

スポンサードリンク

 

ドラマの影響もあり、にわかに注目を集める関ヶ原ですが
東西両軍あわせて10数万人が戦ったという戦場に、
なんと93歳の弓の名手がいたということをご存じでしょうか

春風亭昇太が「直虎」でしゃべらず!不気味さが凄いと話題に!

 

なんと「アラハン」の武将が実在した!

img_1

その名は、大島光義
関ヶ原に参戦した武将は数え切れませんが
その年齢と鉄砲全盛の時代に弓ひと筋を貫いたことで、
異彩を放つアラハン武将が実在したことはあまり知られていません
★アラウンド・ハンドレッド(=100歳前後)

九十三歳の関ケ原 [ 近衛竜春 ]

 

近衛龍春による歴史小説
『九十三歳の関ヶ原 弓大将大島光義』によると、
1508年美濃国生まれの光義は、孤児から弓の腕前で身を立て、
信長に重用されたが、そのときすでに還暦をすぎていたというから
驚くほかありませんね
その弓の技は、『丹羽家譜伝』に「百発百中」と記され、

その働きを讃えた信長によって「雲八」という名前を与えられたそうです

スポンサードリンク

小説のなかで、弓ひと筋の光義は、
あるとき思うところあって還暦すぎて鑓(やり)の修行に邁進する。
近衛は言う。「宝蔵院という場所で修行をしたのは創作ですが、
光義が鑓の修行をしたのは事実です。
『寛政重修諸家譜』に、3年間、鑓で戦い、
感状(戦功を称えられた文書)4通を得た、とあります」。
老年にさしかかってなお、
「新種目」に挑むそのバイタリティあってこそ
後に93歳で天下分け目の合戦に挑むことができたのではないだろうか。
鑓のエピソードのほかに、姉川、野田、長篠での戦功、
法観寺の八坂の塔に10本の矢を射込んだことなどは、
史実に基づくという。
光義が84歳のときに、秀次の命を受け、
八坂の塔の最上階天井に10本の矢を命中させるエピソードは、
小説のなかの名場面のひとつだが、
これが史実に基づくとは、驚きである。

生涯現役を貫いて、隠居せず、弓を引くこと80余年。
97年の生涯で参戦した合戦は53、得た感状は41枚……。
このような希有な人生はなぜ可能となったのか。
小説のなかでも、家康が「なにゆえ、そこまで長生きできたのじゃ」と
その秘訣をたずねる場面があるが、
近衛は「細かいことにこだわらず、
生涯、弓への探究心を持ち続けたことではないでしょうか」と推察する。

[DVD](初回仕様) 真田丸 完全版 第弐集

 

長寿の秘訣は?
最近では100歳近くになっても活躍する長寿者も増えていますが
戦国時代、93歳にして天下分け目の関ヶ原に臨んだ大島光義さん

かっこいい~おじいちゃんですね!
一部の戦国マニアには知られた人物だそうですが
大島光義さんが生涯、弓への探究心を持ち続けたように

興味のあるものに探究心を持ち続け 元気で
かっこよい人生を送りたいものです

 

大島光義さんのお墓はここにあります

大雲寺
〒501-3841 岐阜県関市伊勢町45

 

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて

気になる出来事や、興味のあること 知りたいことアレコレ・・・ 好奇心旺盛な大阪のおばちゃん「みんみ」が 思いつくまま書いてます。 どうぞよろしく!!