ジョナス・ジュニウス・ジョナスがリオ五輪で性的暴行の理由!

この記事は2分で読めます

リオ五輪の選手村でおきた“レイプ事件”
ボクシング男子のナミビア代表で、
開会式で選手団の旗手も務めた
ジョナス・ジュニウス・ジョナス選手(22)が
8日、女性清掃員に対する性的暴行容疑で
ブラジル警察に逮捕されたのですが

スポンサードリンク

「有罪は確定しておらず、捜査結果が出るまでの措置」として、
ジョナス選手が釈放され、

釈放後、なんとライトウエルター級の試合に出場!

フランスのハッサン・アムジリ選手に判定で敗れたのですが

2016081200016_1

 

逮捕されたのに試合に出れるなんて・・・?

日本の選手ならとてもじゃないけど出れないよ~

高校野球でも部員や学校の不祥事なんかがあったら
甲子園出場が決まっていても即辞退ですからね

お国柄の違いなんでしょうか

 

減量中のボクサーは異常なほど性欲が高ぶる
現地で取材しているスポーツライターは
減量中のボクサーは「異常なほど性欲が高ぶる」
と言っていますが、本当なのでしょうか

減量していると、性欲がものすごく溜まって
計量直後には爆発して、ヤリたい気持ちが
いつもの数倍になるという声も聴きました

このレイプ事件を起こしたジョナス・ジュニウス・ジョナス選手や
ハッサン・サーダ選手も性欲が高ぶって
このような事件を起こしてしまったのでしょうか

近くにいたコーチも傍観していたというから驚きですが・・・

スポンサードリンク

 

 

45万個のコンドームは史上最多
約17万5000個の潤滑ローションも配られ
体力も精力も持て余している若い選手同士はもちろん

現地に滞在している各国のマスコミ関係者も、
せっせとボランティアのブラジル女性をナンパしまくっているとか
史上最多の約45万個のコンドーム
選手らに無料配布され
17日間の大会期間中に1人1晩約2・5個をタダで使える計算だそうです
選手同士で好きに“発散”すればいいものを
なぜ、リオ五輪では立て続けに“レイプ事件”が起きたのか。
これまで何度も五輪取材をしてきた現地メディア関係者が言う。

五輪観戦に訪れたポルトガルの閣僚が強盗被害に遭うほど、
リオは治安が悪い。選手の外出を禁止したり、
控えさせている国も多い。

狭い選手村に閉じ込められ、ストレスなど
いろいろ“たまって”いるのでしょう
他国の女子選手に相手にされず
外でも発散できずに悶々としている男子選手がいたとしても
不思議じゃない。

 

 

2016080800079_1

 

リオ五輪では以前から治安の悪さが取り上げられ

「たまっている」理由にも挙げられていますが

だからってレイプは犯罪ですから!!
ある意味、選手村も“治安が悪い”ようです

 

 

ちなみに暴行内容は・・・

ジョナス選手はは清掃中の女性に背後から近づき、
首にキスしたり体を触ったりした疑いで逮捕され
近くにいたコーチは傍観していたそうです

5日にはボクシング男子のモロッコ代表、
ハッサン・サーダ(22)が、
同じく女性清掃員に対する性的暴行容疑で
逮捕されたばかりで

ほんとどうなってるの?

 

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて

気になる出来事や、興味のあること 知りたいことアレコレ・・・ 好奇心旺盛な大阪のおばちゃん「みんみ」が 思いつくまま書いてます。 どうぞよろしく!!