加藤積一が情熱大陸に!“世界一楽しい幼稚園”の場所は?家族や経歴も公開!

この記事は2分で読めます

斬新な園舎とユニークな教育方針で、
今、海外からも熱い注目を集めている
東京都立川市の「ふじようちえん」

そこで園長を務める加藤積一さんが
「情熱大陸」に登場します

スポンサードリンク

 

「ふじようちえん」は“世界一楽しい幼稚園”

 

飼育している馬に乗馬、
育てたジャガイモのポテトチップスなど、
身の回りに溢れている“本物”を通じて
子どもの自立を第一に考えた教育

子どもが行き止まりなく走り回れるようにということと、
建物の隅々まで先生の目が園児たちに
届くようにするため1周180mの“走れる屋上テラス”や
仕切りのない教室など

ちなみにこの園舎の設計には、
建築家の手塚貴晴さんと手塚由比さん
アートディレクターの佐藤可士和さんが関わっています。

 

 

独特の園舎とユニークな教育方針は
海外からも注目を集め、
OECD(経済協力開発機構)学校施設好事例
最優秀賞など表彰多数。
遊び心満載の幼稚園ですね

野島千恵子「聖愛園」のインクルーシブ保育とは?成果や場所も公開!
 加藤積一園長とはどんな人か

2016_0724

加藤積一(ふじようちえん園長)

1957年東京生まれ。

法政大学社会学部卒業。
一般企業勤務、会社経営を経験し、
ふじようちえん園長に就任。
多くの社会経験と子を持つ親としての目線で、
幼児教育の重要性を伝える。
新しい時代に即した幼稚園経営、
運営は全国から注目され、視察が絶えません
ふじようちえんの他、
東京都認証保育所・スマイルエッグス、
託児所・スマイルキッズ経営。

 

子供のころは誰とでも仲良くできて、
いっぱい友だちがいる子でした。
毎日毎日自転車に乗って
街中を群れをなすように走り回っていましたね。

スポンサードリンク

また、かぶと虫・くわがた等の虫を集めたり、
ネコ・鳩・小鳥を飼ったりと生き物好きで、
金づち・のこぎりを使った大工仕事、
TVマンガが好きな子でしたね。
子どもは、子どもなりに遊びのグループがあって、
そのグループの中でもいつの間にか、
みんなのことをまとめて一番前にいるような子でした。

なんか、大人になっても同じ役割をしているみたいですね。
体の大きな強そうな子、運動のできる子、
おとなしい子、こわそうな子
…誰とでもすぐに打ち解けることができる子どもでした。
昔から、甘党は変わりませんね。
毎朝4時30分に行う散歩が日課で
四季折々感じたことを子ども達と共有するのが
一番の楽しみだという。

 

 

加藤久美子(ふじようちえん副園長)

mem_020_04

奥様である副園長

教育方針はモンテッソーリ教育
(子どもの自主性、独立心、知的好奇心などを育み
社会に貢献する人物とする教育)を指針とする。
ふじようちえんの経営面では事務長として、
家庭では二児の母として、
夢みる園長の公私ともにパートナー。

大学生の息子さんが2人の4人家族です
ふじようちえんに入園したい!
◎住所:東京都立川市上砂町2-7-1

◎教員:60名

◎在籍園児数:640名

◎平成28年度募集人員:
3歳児 200名
4歳児 5名
5歳児 0名

まず、プレスクール(親子教室)に登録していないと
入園は難しいようです

で、親子教室参加者の中でも
入園希望者は入園枠以上にある状態なので、
親子教室参加者の中から、
住所の近い順に入園できるようです。

なので、現時点では倍率は
約2倍程度という感じでしょうか。

 

入園された方からの情報では

ふじようちえんは、
特に願書の為に前日から徹夜で親が並ぶとか、
そういうやりかたはしていなくて、
事前に希望を出し、
枠に当てはまった方にだけ
願書を配布する、というやり方のようです。

入園前から園と親しんでくれていて、
地域の方に・・・という考えのようです。

 

選考で重視されたのは幼稚園に近いか遠いか、
オムツとれているかということらしいです
入園案内

 

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて

気になる出来事や、興味のあること 知りたいことアレコレ・・・ 好奇心旺盛な大阪のおばちゃん「みんみ」が 思いつくまま書いてます。 どうぞよろしく!!