「フォーリーアーティスト」がおもしろい!いったいどんな職業?

この記事は1分で読めます

シンセサイザーや機械音を使わず、
生音で効果音をつける技術者のことを
「フォーリーアーティスト」と呼びます。

生音で効果音?
なぜ生音なのか?

スポンサードリンク

それは実際に人間が出した音じゃないと
リアルな演出が出来ない場合があるかららしいです

「フォーリーサウンド」とは、
足音、衣擦れ、アクセサリーの音など
人物の動作音から、
水中音、岩石落下、火災、風切り音などを、
映像を流しながら様々な道具を使い、
場面や登場人物の動きに合わせて
録音した効果音のこと。

コンピューターで合成した音では
表現しきれない自然な音を再現するため、
特別な技術とセンスが必要とされる職業です。

スポンサードリンク

映像を流しながら様々な道具を使って
効果音を出すって
おもしろそう~

そういえば昔コントなんかでやってましたけど
おおきなザルに小石か小豆なんかをザーっと滑らせて
波の音を出す! あんな感じですかね

日常生活でも
「あっ!この音使える!」なんて
いつも音に敏感になってしまうお仕事のようですが
これから日本でも需要が増えるのではないでしょうか

それにしても
アクションものの映像だったら
かなり体力いるでしょうね

関連記事

小山吾郎が世界的な地位を築いている!

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて

気になる出来事や、興味のあること 知りたいことアレコレ・・・ 好奇心旺盛な大阪のおばちゃん「みんみ」が 思いつくまま書いてます。 どうぞよろしく!!