橋岡優輝はイケメン!ダイヤモンドアスリートって?母への恩返しとは?

この記事は2分で読めます

「ダイヤモンドアスリート認定制度」
というのをご存知でしょうか?

スポンサードリンク

日本陸上競技連盟が
2020年東京オリンピックでの
メダル獲得 に向けて、

若い才能を見出し
育成することを目的として、

特に才能のあるU-19世代を
「ダイヤモンドアスリート」
として認定するもの。

短距離の
サニブラウン・A・ハキーム選手をはじめ、

現在男女合わせて
13名が認定されています。

その中の一人の選手である
橋岡優輝選手。

20150629161951518_koshukaireport_s4

今回はこの選手に
注目してみたいと思います。
橋岡優輝選手は

走り幅跳び を専門競技とし、
実力はもちろんなんですが
イケメン!!

Cb6S4EnVAAAo-VH

ということで
話題になっている選手なんです
橋岡選手は
1999年1月23日生まれの現在17歳。
東京の 八王子高校 の3年生です。

現在は走り幅跳びを
主競技としていますが
中学までは
110mハードル・砲丸投げ
400m走・走り高跳び を競う
4種競技 の選手でした

スポンサードリンク

走り幅跳びは未経験でしたが、
八王子高校陸上部顧問の
渡邊大輔さんがそのバネに注目し
「走り幅跳びでトップ選手に
育ててみたい!」という思いで
走り幅跳びへの転向を
薦めたそうです。

実は渡邊さんは
シドニーオリンピック に
出場した走り幅跳びの選手で

橋岡選手の走り幅跳びの才能を
すでに見抜いていたんですね

2015年10月の
日本ユース選手権では
7m70cm の大会新記録で優勝。
活躍が認められ、
ダイヤモンドアスリートとして
認定されました。

それに
ご両親もアスリートで、
それぞれ高校歴代ランキング
名前があるんです
父 橋岡利行さん
棒高跳びで11位。

母 (城島)直美さん
走り幅跳び14位タイ。
100mH 23位タイ。

(いずれも昨年までの順位です)

一家揃ってランクインって
すごいですね

橋岡選手は
まさにサラブレッド!
おまけに
イケメン
俳優の松坂桃李さんに
ちょっと似ていませんか?
なんでも
お母さんの直美さんは
JYJジェジュンのファン だそうで
動画で面白いこと言ってます(笑)

橋岡選手~
お母さんの望みどうり
ジェジュンにあわせてあげてね♬

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて

気になる出来事や、興味のあること 知りたいことアレコレ・・・ 好奇心旺盛な大阪のおばちゃん「みんみ」が 思いつくまま書いてます。 どうぞよろしく!!