野島千恵子「聖愛園」のインクルーシブ保育とは?成果や場所も公開!

この記事は2分で読めます

障害の有無や
発育の差にかかわらず、
さまざまな子どもたちを
一緒に育てる
「インクルーシブ保育」というのを
ご存知ですか

スポンサードリンク

今日はその第一人者である
野島千恵子さんを
取り上げてみたいと思います

yadori_14636955578719-181x169
大阪市淡路にある
保育所
「聖愛園」では
「子どもの中で子どもは育つ」

をモットーに

「障害を持つ子供」も
「障害を持たない子供」も、
同じ生活を送っています
ここでは「たてわり教育」
行っています

 

加藤積一が情熱大陸に!“世界一楽しい幼稚園”の場所は?家族や経歴も公開!

 

障害児共同保育が
始まったきっかけは
40数年前に
当時のあわじ聖愛園は
障害児童の
専門知識がなかったため

2名の自閉症児の受け入れを
断ったこと

しかし断られた子の母親の

「教会の幼稚園なのに、
どうして子供を
入れてくれないのか」という

行き先のない、
その母親の切実な訴えが
当時の園長の心を動かしました

職員会議を
何度も何度も開き、
市との交渉を繰り返し、
そして、最終的に
その子を受け入れることを
決断したのです
その子の母親は

「たとえ障害を持っていても、
ひとりの人間として、
尊厳を持って接して欲しい。」と・・・

そして、「障害を持つ子供」
「障害を持たない子供」との
共同保育が始まったのです
縦割り保育によって
子供同士がからまる
大きなエネルギーこそが
生きる場所を作り出します。

野島千恵子園長はこう考えます。

障害を持つ人が
社会に出るときに、
「発達とは何か」という
問題にぶつかる。

そして、
障害者に近い人も、
障害者と離れて
生活をしている人も、
「発達」とは
「人としてどうあるべきか」の
実践ではないかと。

スポンサードリンク

まさに、この
「たてわり教育」は、
聖愛園で暮らす幼児たちの、
「発達」を育てる実践の場に
なっています。
当時の障害児は
40才を過ぎ
子供たちは大人になり
社会の中で生き続けます。

40年前
自閉症の障害児を連れて
聖愛園を訪れた母親の想いが
今現実のものとなっています

聖愛園の子供たちは、
かかわり指標という
評価基準において、
「協調性」、
「自己実現性」、
「自己制御性」に対して、
高い数値が現れるそうです。

これは
障害児共同保育の
たてわり教育での
成果ではないでしょうか
障害を持つ人にたいして
まだまだ偏見の多い世の中です

しかし
障害児共同保育を受けた
聖愛園の子供たちが、
高い社会性を
持っているのです

そんな
素晴らしい教育の場に
携わられている
野島千恵子さん
今後も
このような保育のあり方を
考えていかなくてはと
思います

違うものが
同じグループに
存在するということは、
それだけで
問題を招きやすい。
そのトラブルこそが
子どもたちを育てる
チャンスというのが
野島さんの考え方。
トラブルを抱えた子供と
向き合いながら、
自分たちの力だけで
解決できるように導いていくのが
彼女のやり方。

聖愛園

住所

〒533-0023
大阪市東淀川区東淡路2-7-5
電話 : 06-6321-3201

★車でお越しの方へ

阪急電車、淡路駅西口側に
マクドナルドがあり、
その横にタイムズの駐車場。
そこからは徒歩で約7分。
駅のガード下を抜けると
セブンイレブンがあります。
セブンイレブンの角を右に曲がり
工事中のアーケードを抜けて
阪急オアシスを通り過ぎて、
しばらく道なりに歩きますと
左手にあります。
阪急電車の線路沿いに
コインパーキングがあります。
★電車でお越しの方へ

阪急電車、淡路駅東出口を出て
短い坂道を上がり
セブンイレブン角を右に曲がります。
工事中のアーケードを抜けて
阪急オアシスを通り過ぎて、
しばらく道なりに歩きますと
左手あります

聖愛園HP
2016年6月20日(月)
22時25分~23時15分放送の
プロフェッショナル
仕事の流儀では
野島園長に密着して
子育てだけでなく
人材を育てるヒントが
満載の手法に迫ります

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて

気になる出来事や、興味のあること 知りたいことアレコレ・・・ 好奇心旺盛な大阪のおばちゃん「みんみ」が 思いつくまま書いてます。 どうぞよろしく!!